バカラ必勝法

ライブカジノでのカウンティング

バンカーとプレイヤーの勝率ははぼ変わらず

バカラは、バンカーとプレイヤーの確率が下記のようになっており、バンカーの方がわずかに高いのですが、実際におこなってみると誤差程度なのでほとんど役に立たないです。

どうしても迷った時、とりあえずバンカーにする程度と考えておけば良いでしょう。

POINT
・バンカーの勝率・・・45.8597%
・プレイヤーの勝率・・・44.6247%

インターネット上では、バンカーとプレイヤーの勝ち負けを罫線を使って記録していき、その勝率が傾いたいわゆる「ギャンブルの波」を狙う、といった方法が見られますが、それこそただの運頼みと何も変わらないので、試すだけ時間の無駄です。

オンラインカジノのバカラでは、カウンティングを防ぐために6~8デッキのトランプを使用したり、シャッフルの頻度を多くしたりしています。しかし、バカラのルール上、配られたトランプはシュー(まだ配られていないトランプ)へは戻されずに破棄扱いとなるので、まだ配られていないトランプ(シュー)は減っていくことになります。

そこで、バカラの必勝攻略法としてライブカジノでのカウンティングを狙っていきます

バカラは、バンカーが勝つかプレイヤーが勝つかのどちらかに賭けたら、そのあとこちら側は一切コントロールすることが出来ないため、バカラの技術力を磨く、といったことは必要ありません。

ルールは、合計した下1ケタがより9に近くなった方が勝ちというものですが、3枚目にカードが配られるかどうかは、「ヒット&スタンドチャート」に基づき現在の合計数あるいはプレイヤーに配られた3枚目のカードの数によって、バンカーが3枚目を引けるかどうかが決まることになっています。

そこで、すべてのカードをカウントするのではなく、バンカーとプレイヤーに有利なカードを分けてカウントします。

ヒット&スタンドチャート

バカラのルール(ヒット&スタンドチャート)

4以下が多いとプレイヤー有利

まず、プレイヤーは配られた2枚が5以下だった場合に3枚目が配られるので、最強の9に近づく1~4が来れば勝ちやすいことが分かります。

つまり、 配布済みのトランプを記録していて、シューの山に残っているトランプが4以下のものが多いならば、プレイヤーが有利だと予測できるのです。この時、5以上のトランプが来ると下1桁の数値が弱くなってしまうため、バンカーに勝ちにくくなります。

6以上が多いとバンカー有利

逆の言い方をすると、シューに6以上のトランプが多いならバンカー勝利の確率が高くなります。

なぜなら、プレイヤーの一桁目が5以下で3枚目が配られる場合でも、6以上のカードが配られれば合計が10を超えて一桁目が小さい数字になりやすくなるからです。さらに、バンカーは最初の2枚のカードの一桁目が大きければ3枚目を引く必要がないです。

POINT
・残りカードに0~4が多い⇒プレイヤーの勝率が上がる
・残りカードに6~9が多い⇒バンカーの勝率が上がる



関連記事


最新入金不要ボーナスランキングはこちら


おすすめ記事

当サイト限定!入金不要ボーナス

ベラジョンカジノ当サイト限定キャンペーン

カジ旅当サイト限定キャンペーン

ピックアップ記事

  1. オンラインカジノ必勝法

    ボーナス条件達成の必勝法
    出金時のボーナス条件ボーナス乱用を防ぐ仕組みオンライ…
  2. カジノ別必勝法, カジ旅

    カジ旅スロット必勝攻略法
    ほぼ100%勝てる不定期イベントのスロッ…
  3. カジノ別必勝法, ベラジョンカジノ

    ベラジョンカジノ必勝攻略法
    誰でも100%勝てる必勝法無料でコインを…
  4. オンラインカジノ必勝法, バカラ

    バカラ必勝法
    ライブカジノでのカウンティングバンカーと…
  5. オンラインカジノ必勝法, ブラックジャック

    ブラックジャックのシンプルな必勝法
    ブラックジャック必勝法の考え方ベーシックストラテジー…

Slot彼女(スロットかのじょ)

「MATSURI」祭り